大人ニキビができるのはなぜ?繰り返す大人ニキビを防ぐ

大人ニキビができるのはなぜ?繰り返す大人ニキビを防ぐ

大人ニキビができるのはなぜ?繰り返す大人ニキビを防ぐ

 

10代の思春期に起こる主な肌トラブルといえば、ニキビです。男女問わず、ニキビができやすい時期でコンプレックスに感じやすい問題です。

 

「思春期ニキビ」と俗に言い、思春期ニキビの場合は成長が関係していて、成長ホルモンなどの影響上、皮脂分泌が増えることが主な原因です。

 

こうした思春期ニキビは、大人になると自然と治るものです。しかし、現在多くの方が悩んでいるのが、「大人ニキビ」と呼ばれるもの。

 

思春期が過ぎて大人になってからも、ニキビはできます。食生活や生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの変化、乾燥やスキンケアの間違い、ストレスなどによって大人ニキビはできるものです。しかも、思春期ニキビよりも厄介です。

 

20代の多くが悩んでいると言われる大人ニキビは、「再発しやすい」「ニキビ跡ができやすい」「あご、口まわりにニキビが発生しやすい」といった特徴があります。

 

顔の目立つ部分にできること、再発しやすい、ニキビ跡が残りやすいことが、きわめて厄介なポイントです。

 

大人ニキビができる原因を知り、予防と改善、対策をはじめるべきです。その際には、ニキビを治療薬で治すのでなく、肌のターンオーバーを整えていき、肌のコンディションを良くすることがポイントになるといえるでしょう。

 

繰り返す大人ニキビができる原因とは?

 

大人ニキビは、思春期ニキビと異なる原因で発生し、しかも繰り返して再発しやすく、ニキビ跡にもなりやすい厄介なニキビです。そんなニキビに20代の多くが悩まされているものです。

 

一般的にニキビができる原因といえば、「皮脂の過多」と思っていませんか?

 

実際に思春期ニキビに多い原因です。大人になってからも、過度の皮脂分泌や毛穴詰まりによって発生するのですが、実はそれだけではありません。

 

大人ニキビならではの問題があります。それは、「代謝の低下」です。たとえば、肌のターンオーバーも代謝のことですから、ターンオーバーが乱れることも、大人ニキビの原因になります。

 

ではどうして、代謝が低下したりターンオーバーが乱れてしまうのか、その原因を掘り下げると、次のようなことがあげられます。

 

  • 生活習慣が悪い
  • 過度のストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 飲酒や喫煙
  • 合わない化粧品や間違ったスキンケア

 

などです。

 

思い当たる項目はありませんでしたか?

 

大人になり社会人になると、ストレスは抱えやすいものです。さらに環境が変化することで、ホルモンバランスが乱れたり、偏った食事、運動不足、睡眠不足と、生活習慣も乱れやすくなります。こうした背景によって代謝の低下が起こり、ニキビが発生しやすくなるのです。

 

裏を返すと、上記のことに気を付けて、代謝を高めるようにケアすることによって、大人ニキビを防ぐことができるでしょう。

 

大人ニキビができやすい時期

 

大人ニキビは実はデリケートな問題。20代の多くが悩んでいる肌トラブルのひとつで、思春期の頃とは違い、さまざまな原因で発生します。

 

そのため、人生の分岐点や生活のある時期によって、大人ニキビができやすい時期というのがあります。

 

まずひとつは、「乾燥する時期」です。季節でいうと、とくに冬場は乾燥しやすいことで有名です。乾燥によって肌は潤いが蒸発し、乾燥した肌は無防備で、ニキビができやすくなってしまいます。それだけでなく、肌荒れなども起こりやすくなる時期です。

 

また、夏場でも、クーラーなどの風にあたることで肌が乾燥してしまい、冬と同様に潤いが失われてニキビができやすくなります。

 

次に、「忙しい時期や環境に変化があったとき」です。

 

この場合は、「ストレス」や「睡眠不足」になりやすい時期であることが理由です。

 

さらに忙しいと食事に時間をとれず、出来合いで済ませてしまうなど、食事のバランスも乱れがちです。このような時期にニキビができて、さらにストレスを感じてと悪循環に入りやすいので注意しましょう。

 

忙しい時期でもなるべく心にゆとりをもって、ストレス対策や食事バランスに気を付けるなど、生活習慣に気を配ることでニキビ対策ができます。

 

最後に、女性ならではのことですが「生理前」が、ニキビができやすいタイミングといえます。

 

よく、生理前になると、肌荒れなどの肌トラブルを訴える方は多く、ニキビができやすいと感じる方も大勢いらっしゃいます。

 

この場合は、「ホルモンバランスの変動」が原因となっており、ニキビができやすくなります。デリケートなタイミングなのですが、なるべく生理前でもホルモンバランスに気を付けて、生活習慣を整え、きちんとスキンケアを施すと、大人ニキビを対策できます。

 

大人ニキビを防ぐためにできること

 

大人ニキビは多くの大人が悩む肌トラブル。肌荒れなどに並び、ニキビ肌に悩む人は大勢います。悩んでいても、行動しなければニキビ対策はできません。ニキビを防ぐために、なにかしていますか?

 

大人ニキビは繰り返しやすく、ニキビ跡になりやすいという厄介な肌トラブルですが、対策次第で防ぐことができます。

 

「ニキビ肌だから仕方ない」とあきらめていては、ずっと悩まされてしまいますよ。大人ニキビの特徴や原因からみて、適切な対策方法をご紹介します。

 

メイクはきれいに落とす

大人の女性なら、外出時にメイクするのは大人のたしなみといえます。ですが、メイクをしている間、肌にはメイクによる刺激や負荷がかかっている状態です。

 

とくにニキビができているときのメイクは、刺激を与えて悪化させる原因にもなります。なるべく刺激を与えないメイクが良いですが、帰宅後はすぐにメイクを落とすようにしましょう。

 

キレイにクレンジングすることで、メイク残りを防げます。メイクの落とし忘れた汚れが毛穴詰まりを起こしてニキビになることもあるので、きちんと毛穴の奥までクレンジングしてください。

 

正しいスキンケアをする

メイクを落としたあとは、洗顔から正しいスキンケアを行いましょう。ぬるま湯で下洗いしたら泡立てた洗顔フォームできれいに洗い、すばやく化粧水や美容液、クリームを使って保湿ケアをします。

 

保湿された肌は乾燥している状態とは反対にバリア機能が高くなり、ニキビ対策になるほか、肌トラブル対策になります。

 

保湿ケアをきちんとしておくと、美肌作りになり、繰り返すニキビ肌の改善にもなります。

 

紫外線対策

紫外線は肌にとって大きなダメージになるもの。とくに乾燥した肌に紫外線を浴びたらダメージは大きくなりますし、ニキビができているときには刺激を与えて悪化させ、ニキビ跡の原因になる可能性もあります。

 

紫外線はシミやたるみなど、大人の悩み肌の元にもなりますから、きちんと対策したい問題。

 

紫外線は年中降り注いでいて、晴天ではない日も放出されていますので、低刺激の日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、UVケアになるファンデーションなどで対策しましょう。

 

また、紫外線ケアをしているときも、帰宅後はきちんと洗顔して洗い流し、保湿ケアすることが大切です。

 

食生活の改善

食生活の乱れ、栄養不足も大人ニキビの原因。基本はバランスの良い食事です。野菜を中心に、大豆などで良質なタンパク質を取り、ビタミンもしっかり補給しましょう。

 

ビタミンB群やビタミンE、ビタミンCがとくにおすすめのビタミンです。普段から偏りがちな方は、食事の見直しだけでも肌に違いが出る可能性大です。

 

適度な運動

適度な運動で汗をかくとデトックス効果が起こり、身体の老廃物が排出されて、代謝も高まるのでニキビ対策や美肌に良い効果が期待できます。

 

良質な睡眠を十分にとる

睡眠不足はお肌の大敵。よく言われる夜10時から深夜2時のシンデレラタイム、4時間はとくに美容に良いタイミング。成長ホルモンの分泌が盛んになるので、遅くても日が変わる前には就寝しておくことがベスト。

 

睡眠時間は個人差がありますが大体6時間は確保し、アロマなどでリラックスしながら、良質な睡眠をとりましょう。寝ている間に肌の修復作業が行われるので、休息をとると肌のためにもなります。

 

ストレス対策

過度のストレスが起因で肌の代謝が低下し、ニキビができてしまうのも大人ニキビの特徴。ストレスは自律神経を乱す原因になるので注意。適度なストレスは体に良いと言いますが、過度のストレスは害になります。

 

ストレスをうまく解消していき、リフレッシュして心身のストレス対策をしましょう。

 

このように、大人ニキビの対策にはいくつもの方法があります。また、大人ニキビを何度も繰り返す方に、ニキビエステを試してみる方法もおすすめです。

 

大人ニキビ対策において重要なのは、ニキビを治すだけでなく、繰り返さないように肌の調子を整えることです。

▲TOPへ戻る